あなたに合ったヘア
サロンが探せます!
子供を守る店
実は理容師は・・
半熟者達のコラム
足跡を残してね!
便利ページ
何か当たるかも!
色々なリンク集
お気軽に!
トップへ戻る

子供110番の意義

現在「豊島長崎支部」の中でも、心強く「子供のため」にと、ご協力頂いている
<特定
理容店鋪>「子供を守る店(こども110番)」に目白警察署の了承を頂き、
独自で認定しております。「子供を守る店(こども110番)」とは、文字通り、
変質者やチカン、暴力者、その他、子供に危害を加える恐れのある者から守ってくれる
良心的なヘアーサロン(理容店)です。
また、いざ子供の立場に立った場合、地域で行っております普通の
「子供110番(ピーポーくん)」のボードを必死に探して、そこの家に助けを
求めても、もしかしたらお留守かもしれませんし、中にいらっしゃっても
扉にはカギがかかっているかもしれない訳ですが、ヘアーサロン(理容店)
に関して言えば、特徴のサインポール(
、白)がクルクル回って
いる時は必ず店の人や、お客様なりの大人が店鋪内にいる訳です。
しかも、子供達も理容店のサインポールでしたら、すぐに目に入る
ため助けを求めやすいだろうという所から「子供110番」の運動を
始めようという事になりました。